急速に変化する現在の市場において、その変化に企業が追従していくためには「学ぶ姿勢」が大切であ
ると思っています。そして、キーポイントとなるのは、「学ぶ姿勢」のある幹部や「学ぶ姿勢」のある
スタッフの育成にあると思っています。なぜなら、学ぶ姿勢のある人には知恵や知識が集まり、学ぶ
姿勢のある人が集う会社には、結果として知恵や知識が集まるからです。
それとは反対に、学ぶ姿勢のない人には知恵や知識は集まりません。必然的に、学ぶ姿勢のない人が集
う会社には、知恵や知識が集積されることはなく、時代の変化にも取り残され、結果として事業の継続
が困難になることも想定されます。

変化の激しい現在では個人においても同じです。仕事における自分はもちろん、家族の生活を守るため
にも、まず自分が成長して、自分自身の価値を上げる努力が必要です。自分の価値を上げる手段として、多くの人の知恵や知識、ノウハウを学ぶことも有効な手段の一つです。この場合の「多くの人」とは、著名な知識人や高名な方々でなくても構いません。会社の上司や後輩、配下のスタッフや得意先であるお客様等々、自分の周りにいる「多くの人」たちから学べばよいのです。

時代についていけない、あるいは変化についていけない人の多くは、人の意見やアドバイスを聞かない
という共通性があります。自分一人の知恵や経験の絶対量と、多くの人の知恵や経験の絶対量は違います。
人の意見やアドバイスを聞かないということは、自分一人では得られない知識習得のチャンスを放棄しているとも言えるのです。また、人の意見やアドバイスに耳を貸さない人は、自ら自身の成長を止めているとも言えます。
人の話を最後まで聞かないで反論し、指摘するとふて腐れたような態度をとると、意見やアドバイスをした側もよい気分ではありません。周りから「あの人は人の意見を聞かない人」という固定観念を持たれてしまうと、そのうち誰も意見やアドバイスをしなくなります。つまり、「人の意見を聞く」という「学ぶ姿勢」が無い場合、市場の変化から取り残され、自身の価値を上げる成長もできないのです。

アスクラボの現在のビジネスモデルは、組織営業力強化ソリューション(PROナビ(※)研修、コンサル
ティング)とSIビジネスですが、これらの商材の基礎となる発想は、机の上や会議の場で生まれたもの
ばかりではありません。むしろ、市場やお客様、書籍、ニュース、弊社スタッフ(特に新人)といった、周りの人々や情報源によって気付かされたことがほとんどです。

人の意見やアドバイスを聞くことは、自分自身の知恵や経験の絶対量を増やす=成長して自分自身の価値を上げることにつながります。企業としても個人としても、「学ぶ姿勢」を忘れずに成長したいと思っています。

※PROナビ=弊社開発の組織営業力強化システム。

                             アスクラボ株式会社 CEO 川嶋 謙